食事療法

食事療法

食事療法の基本はカロリーコントロールです。

カロリーとは熱量のことで、我々が身体活動をするのに必要とするエネルギーです。痩せる為には摂取するカロリーを減らし、消費するエネルギーを増やすといったカロリーコントロールが必要となってきます。食事療法はカロリーコントロールを行う事が最大の目的です。

食事療法の具体的な方法

食事療法におけるカロリーコントロールを自分で行うのは容易ではありません。栄養のバランスを崩し病気になる危険もあります。ダイエット外来の食事療法では、管理栄養士がその人の生活スタイル、性格、身体の状態などをトータルで考え指導を行うので無理なくカロリーコントロールした食生活を送ることが出来ます。

食事のレシピ提案から、外食時やコンビニでお弁当やお惣菜を買う際のメニューの選び方、お酒を飲む際の注意点など、その人の生活スタイル、身体の状態に合った内容を指導します。

食事療法の特殊食事指導

超低カロリー療法(VLCD)
VLCD画像

食事の代わりに専用の粉末を水に溶いて飲む方法。
一日の摂取カロリーが500キロカロリー以下となっていて、主に「高度肥満」の場合に行われる食事療法です。

こうした厳しい食事療法は「半飢餓療法」と呼ばれています。

マイクロダイエット
マイクロダイエット

マイクロダイエットVLCD(超低カロリー療法)向けに開発されたものです。「高度肥満」でない人も普通の食事を減らして栄養補助食品として利用することが出来、手軽に食事療法に使用出来るサプリメントです。

VLCD(超低カロリー療法)の注意点

VLCD(超低カロリー療法)は難易度の高い食事療法なので医師の管理下で行なう必要があります。通常極端過ぎる食事制限は骨や筋肉の崩壊、貧血、不整脈、脱毛、無月経、性欲低下、精神的なトラブルなどを引き起こす可能性がある為です。

VLCD(超低カロリー療法)に限らず、食事制限系のダイエットは食事療法等を受け医師の指導の下行った方が安心です。

食事療法時の基本食生活

体脂肪の元になるものを取り過ぎない

体脂肪の元となるもの:動物性・植物性の脂肪、糖分、炭水化物など、食事療法時はなるべく体脂肪の元となるものの摂取を減らしていく事になります。

よく噛む

消化を助けるだけではなく、満腹中枢が刺激されて空腹感を感じにくくなります。

低カロリー食材

キノコと海藻など(低カロリーだが栄養が豊富)

一日三食食べる

空腹状態が続くと体内の糖分が体脂肪に変換されます。空腹感を感じることによって、栄養吸収率が上がり体脂肪の蓄積を増進させるのです。食事療法はしっかり三食食べても太らないバランスを考えた食生活を指導します。

食事療法に限らずダイエット時には空腹感を感じないようしっかり食事を取ることが必要です。

ダイエット外来ランキング

クリニックランキング一覧

酵素ドリンクランキング

優光泉

断食道場開発酵素ドリンク

優光泉

ミネラル酵素ドリンク

飲みやすさ・味、NO.1人気

ミネラル酵素ドリンク 

グランエンザイム

サロン仕様の高濃度酵素ドリンク

グランエンザイム 

ダイエットサプリメントランキング

ウェイト・レス

肥満外来使用のサプリ

ウェイト・レス

「快朝」

お試し490円!便秘解消サプリ

「快朝」 

オーダーサプリ

医師が組み合わせたサプリ

オーダーサプリ

ダイエット外来でやせるのブログ
FOLLOW

ページの先頭へ