骨盤の歪みや開きの原因と弊害

骨盤が歪んだり開いたりする骨盤の異常には原因があります。

骨盤の歪みや開きを無くすことで骨盤異常による弊害を防ぐことが出来、心も身体も健康に過ごせるようになるので、骨盤異常の原因を知って骨盤を健康に保ちましょう。

骨盤の歪みや開きの原因

外的要因(ぶつけたり、怪我など)

強い外的力が加わったことで骨盤が変形する場合があります。

姿勢が悪い

姿勢が悪いと、身体の一部分に負荷がかかることになり、筋力のバランスが崩れる原因となります。バランスの崩れは骨盤の歪みをもたらします。

長時間座る生活

座った姿勢は骨盤に大きな負担をもたらします。骨盤は立っている時は閉じ、座っている時は開いているのが基本ですが、長時間座った生活は骨盤の周りの筋肉が硬直させ、骨盤の開閉をスムーズに行うことが出来なくしてしまうのです。

特に椅子に座った状態で正しい姿勢を保つのはかなり難しいと言われるので、意識的に腰を立たせるような姿勢で座るようにしましょう。慣れるまでは骨盤矯正クッションやスタンドを使って座るのもいいかもしれません。

かかとの高い靴をよくはく

ヒールなどのかかとの高い靴をはくと骨盤が前傾して腰が反ったような状態になり、腰周りの筋肉にかなりの負担をかけてしまいます。

片方の手や足ばかり使う(脚を組む際に同じ脚ばかり使う)

身体の一方を集中的に使うと骨盤が歪みます。意識的に利き手じゃない手を使ったり、組む脚をいつもと違う方にするなどしましょう。

筋力低下(腹筋力)

腹筋力が低下すると骨盤が開きっぱなしになり、内蔵が下垂して下腹部がぽっこりお腹になります。

出産

妊娠時は骨盤の開閉幅が大きくなり、出産時に最も大きく開きます。開いた骨盤は最後妊娠前の状態に戻るのですが、骨盤の状態によっては開いたままの状態になってしまい、O脚などの様々な弊害の原因となります。

骨盤の歪みや開きによる弊害

肥満

血液の流れやリンパの流れが悪くなる事によって、脂肪がつきやすく落ちにくい身体になります。また、骨盤は身体のあらゆる骨と連動しているので、骨盤の歪みや開きによって、身体の骨格が大きくなりデガ顔になったり、下半身に脂肪がつきやすくなったりします。

不眠

寝ているときは基本的に骨盤は開いています。骨盤の歪みで開閉がうまくいかなくなると骨盤が閉じたままの状態になり、眠れなくなる可能性があります。

生理不順

骨盤が歪むと神経伝達が悪くなり、正常な生理機能を果たさなくなります。また、骨盤の中にある仙骨は女性ホルモンと深く関係しており、歪むと生理不順や不妊などの問題を生じさせます。

冷え性

骨盤が歪むことによって全身の血液やリンパの流れが悪くなり、冷えやむくみの原因となります。

O脚

骨盤の歪みで足や腰に変な癖がついてしまった結果がO脚です。O脚によって関節の柔軟性が失われひざに負担がかかり、場合によってはひざが変形してきます。

肌荒れ

骨盤の歪みで仙骨がずれ、女性ホルモンの分泌が低下し、肌荒れなどの症状が出やすくなります。

腰痛

骨盤が歪むとその歪み方に応じて、腰部への負担がかかりやすくなり、腰痛となっていきます。

自分の骨盤は大丈夫かチェック

骨盤の歪み等の異常は身体の思わぬところに影響を及ぼしています。ダイエットの為だけじゃなく、健康の為にも骨盤の歪みを矯正する事は大切です。

>>骨盤のゆがみチェック方法<<

ダイエット外来ランキング

クリニックランキング一覧

酵素ドリンクランキング

優光泉

断食道場開発酵素ドリンク

優光泉

ミネラル酵素ドリンク

飲みやすさ・味、NO.1人気

ミネラル酵素ドリンク 

グランエンザイム

サロン仕様の高濃度酵素ドリンク

グランエンザイム 

ダイエットサプリメントランキング

ウェイト・レス

肥満外来使用のサプリ

ウェイト・レス

「快朝」

お試し490円!便秘解消サプリ

「快朝」 

オーダーサプリ

医師が組み合わせたサプリ

オーダーサプリ

ダイエット外来でやせるのブログ
FOLLOW

ページの先頭へ