ダイエット薬で効果的に痩せる

より効果的に体重を落とす為にダイエットピルを使用した方が効果的な場合があります。

ただし、ダイエットピルに頼りきってしまうと、服用を止めたときにリバウンドしてしまう危険性が高いので、食事療法、運動療法を中心としながら、サプリメント同様補助的な使用が有効です。

またダイエットピルは処方してもらう以外に個人輸入で入手出来るものも多くありますが、服用の際には副作用等の危険性があるので、なるべく医師の指導の下で使用するようにしましょう。

食欲抑制剤

サノレックス(成分名:マジンドール)
サノレックス 価格 容量 効果 備考
保険適用外:
¥500〜(1錠)
保険適用:
¥70〜(1錠)
1錠0.5mg
1日1〜2回服用
食欲抑制作用 認可薬
BMI35以上の高度肥満の人は保険適用。
日本で承認済の肥満治療薬で、食欲抑制作用のあるサノレックス。保険適用処方となるのは高度肥満の人のみ。覚醒剤と同様の依存性がみられるので、投与期間は出来る限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。
>>サノレックスのもっと詳しい情報を見る
リダクティル、メリディア、オベスタット(成分名:ジブトラミン)
リダクティル 価格 容量 効果 備考
リダクティル:
¥8,300〜
オベスタット:
¥2,550〜
1錠10mg、15mg
1日1〜2回服用
食欲抑制作用 日本未認可。
ヨーロッパで発売禁止
食欲抑制作用を持つジブトラミン含有の食欲抑制剤。アメリカではメリディア、ヨーロッパではリダクティルと呼ばれ、オベスタットはリダクティルのジェネリック版。病院で処方してもらうか個人輸入で入手出来るが、様々な副作用の危険性があり、処方を止める病院もある。2010年はじめにヨーロッパではジブトラミンを含む医薬品の発売中止、回収を発表した。
>>リダクティル、メリディア、オベスタットのもっと詳しい情報を見る

脂肪吸収阻害剤

オブリーン(一般名:セチリスタット)
オブリーン 価格 容量 効果 備考
保険適用による
自由診療の場合未確定(※2013年11月現在)
通常成人1回120mgを1日3回毎食直後に経口投与 脂肪吸収抑制効果 認可薬
BMI値25以上、2型糖尿病及び脂質異常症の人は保険適用
副作用で下痢
世界初承認、日本で20年ぶりに承認された肥満治療薬オブリーンは、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを阻害する脂肪吸収抑制剤。病院で処方してもらうことができますが、BMI値25以上で糖尿病及び脂質異常症の人は保険が適用されます。それ以外の人は自由診療となります。
>>オブリーンのもっと詳しい情報を見る
ゼニカル(成分名:オルリスタット、オーリスタット)
ゼニカル 価格 容量 効果 備考
ゼニカル:
¥9,200〜
1日1〜3回服用 脂肪吸収阻害剤 日本未認可。
副作用で下痢
オルリスタットまたはオーリスタットと呼ばれる主成分配合のゼニカルは、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを阻害する脂肪吸収阻害剤。故意に消化不良の状態を作るようなものなので、必然的に下痢になります。病院で処方してもらうか、個人輸入で入手することが出来ます。
>>ゼニカルのもっと詳しい情報を見る

ダイエット外来ランキング

クリニックランキング一覧

酵素ドリンクランキング

優光泉

断食道場開発酵素ドリンク

優光泉

ミネラル酵素ドリンク

飲みやすさ・味、NO.1人気

ミネラル酵素ドリンク 

グランエンザイム

サロン仕様の高濃度酵素ドリンク

グランエンザイム 

ダイエットサプリメントランキング

ウェイト・レス

肥満外来使用のサプリ

ウェイト・レス

「快朝」

お試し490円!便秘解消サプリ

「快朝」 

オーダーサプリ

医師が組み合わせたサプリ

オーダーサプリ

ダイエット外来でやせるのブログ
FOLLOW

ページの先頭へ