正しいレコーディングダイエットで太らない体質を手に入れましょう

いつまでもデブと思うなよ

まずはコレを読もう

2007年に登場したレコーディングダイエットは、岡田斗司夫先生が実践・開発したダイエット方法。

食事のメモを取るだけという簡単なもので、アメリカの肥満対策を行うグループなどで行われていた食事内容や運動内容を記述する日記ダイエットに似ています。

食べたモノをメモするだけという概要だけ聞いて自己流で始める人もいるようですが(私もその1人でした(汗))、実際には細かいルールがあるので、それを守らずに実践すると失敗したり、途中で挫折してしまう事が多いようです。

レコーディングダイエットが成功するか否かは、細かいルールを守って正しい方法で行う事が重要です。

正しいプロセスで行う事が成功の秘訣です。失敗や挫折を防ぐ為にも岡田先生の「いつまでもデブと思うなよ」、村上知子の体験談なども収録されており女性にオススメなコツだけを100個集めた「脱デブ」をしっかり読んでから実践ことをオススメします。

なぜ食事をメモするだけで痩せるのでしょうか?

実践してみました。

食べたモノを全部メモするだけです。メモ帳でも何でもいいと思いますが、私はカロリーなども入力できるスマートフォン用の無料アプリを利用しました。レコーディングダイエット用のアプリ、ブログはたくさん出ているようなので、使いやすいものを利用しましょう。

食事制限、カロリー制限などは一切なしで、食事内容とそのカロリーをメモしました。

岡田さんも言っていますが、
口に入れたものを全てメモしなければいけないのでかなり面倒です。

後でメモしようとすると、結局メモし忘れたり、メモしなければいけない量が増えてより面倒になってしまい、最悪そのまま挫折してレコーディングダイエット終了となってしまいます。私もこれで何度となく中断してしまいました。

頑張って続けると、メモが面倒だから食べないようにしようという気持ちになってきます。また、いちいちカロリーを調べてメモする事で、食材のおおよそのカロリーがわかるようになるので、自然とカロリー計算しながら食事するようになります。

要するに食事をメモする事で食べるという行為を自分自身で管理できるようになって、カロリー過剰摂取がなくなり、太らない生活習慣を身に付けることが出来るというわけです。

具体的なレコーディングダイエット方法

  • 口に入れたモノ全てを毎日メモする
  • 毎日体重、体脂肪をはかる

基本的には上記に2つだけです。

私の場合は最初からカロリーを調べて一緒にメモしていましたが、最初は食事内容だけメモし、それに慣れてきたらカロリーもメモし始める方がストレスを軽減できていいみたいです。

最初からカロリー制限するのもダメです。カロリーを全部書く事にストレスがなくなってきたらそこで初めてカロリー制限を設けるようにしましょう。

最初から全部やろうとせずに、一つ一つ順番にこなしていくことが大事です。3〜6ヶ月の長期間でゆっくり痩せる事によって身体を太らない体質に変えることが出来るのです。

どのダイエットにも言えることですが、一気にストレスをかけるのは挫折・失敗の原因となります。

レコーディングダイエットが向いている人

男女共にオススメのダイエット方法ですが、一度でもダイエットをした経験のある人ならよりその効果と簡単さを実感することが出来るようです。

  • ダイエットを挫折したことがある人
  • ダイエットしてもリバウンドをしたことがある人
  • ゆっくり時間をかけてでも痩せる体質を手に入れたい人

一生の宝となる太らない体質を手に入れるにはかなりオススメなダイエット方法です。

レコーディングダイエットはリバウンドがない!

ダイエット経験者なら誰でも恐れるのがリバウンドです。

レコーディングダイエットはゆっくりと痩せる体質に身体を変化させるので、
リバウンドがありません

昔、30kgの減量を果たした時も結局はリバウンドで元に戻ってしまった岡田先生も、今は体質が変わった為にリバウンドが一切なく、ダイエットしなくても体重をキープしているそうです。

ダイエットしても、リバウンドしてしまっては意味がありません。太らない体質を手に入れることが重要です。

レコーディングダイエット成功の秘訣は正しいやり方で行う事

自己流で行う人が多いようですが、それが挫折・失敗の原因となります。

実際は段階的にステップアップしていくダイエット方法なので、そのルールに従うことで身体的、精神的なストレスを軽減し、無理なく継続することが出来るのです。


ステップ1

食事制限一切なしで、これまで通りの食生活を続けながら食事内容、体重をメモします。

ステップ2

食事、体重のメモと同時にカロリー計算も行います。

ステップ3

ステップ2までのメモに加え、カロリー摂取制限を設けます。岡田さんの場合は一日1,500kcalでしたが、自分の年齢・性別から摂取カロリーを決めましょう。

ステップ4

この期間は体重が減りにくい停滞期で、レコーディングダイエット自体にも倦怠感が出始める時期です。岡田さんの本によると、モチベーションアップや気分転換の為にも様々なダイエットを併用するのがオススメと書いてありました。

私は食べながら痩せられるサプリメント「カロリストン」の併用しましたが、短期間で効果が目に見えるダイエット痩身エステなどがモチベーションアップにはオススメです。

ステップ5

停滞期が終わり、再び体重に変化が訪れるようです。身体が太らない体質へと変化していきます。

ステップ6

体重や体脂肪が落ち着き、食べたいものを食べても体型が維持出来る時期。ここまでくるとリバウンドの心配はないそうです。

ステップ7

レコーディングダイエット終了。身体の軽さを実感することが出来る上、痩せる体質が完成しているので、リバウンドの心配もありません。

>>レコーディングダイエットのお供に「カロリストン」<<

ダイエット外来ランキング

クリニックランキング一覧

酵素ドリンクランキング

優光泉

断食道場開発酵素ドリンク

優光泉

ミネラル酵素ドリンク

飲みやすさ・味、NO.1人気

ミネラル酵素ドリンク 

グランエンザイム

サロン仕様の高濃度酵素ドリンク

グランエンザイム 

ダイエットサプリメントランキング

ウェイト・レス

肥満外来使用のサプリ

ウェイト・レス

「快朝」

お試し490円!便秘解消サプリ

「快朝」 

オーダーサプリ

医師が組み合わせたサプリ

オーダーサプリ

ダイエット外来でやせるのブログ
FOLLOW

ページの先頭へ