薬物療法で食欲、脂肪吸収を抑制してストレスなくやせる

ダイエット外来では減量効果促進の為に、食欲抑制剤消化吸収阻害剤脂肪吸収抑制剤といった薬や、脂肪燃焼の為のダイエットサプリを使用した薬物療法を行う場合があります。

ただし、薬のみに頼るとリバウンド等の危険性があるので、食事療法運動療法の補助的な役割で行うのが望ましいと言われています。

>>薬物療法を行えるダイエット外来はこちら<<

薬物療法で使用する薬

マジンドール(商品名サノレックス):食欲抑制剤
サノレックス マジンドール

日本認可済の保険適用ダイエット薬

アンフェタミン類と同様の薬理効果を現す食欲抑制剤です。ただし、依存性、耐性などの副作用があるので長期投与は禁忌です。

サノレックスの詳細

シブトラミン(商品名リダクティル、メリディア):食欲抑制剤
シブトラミン

日本未認可のダイエット薬

セロトニンの働きを抑える事で食欲を軽減します。また、ノルアドレナリンを放出させることにより、代謝を上げ、脂肪燃焼効果を発揮します。ドーピング物質が含まれているので、スポーツ競技を行っている方は飲めません。

アメリカのFDAで承認され、アメリカ、ヨーロッパなどで認可、発売されていましたが、2010年1月、ヨーロッパ医薬品庁(EMA)は、「ジブトラミンの副作用により心臓発作や脳梗塞のリスクが増加する」として、ジブトラミンを含む医薬品の発売中止、回収を発表しました。アメリカを含めその他の国では発売中止・回収の動きはまだないようです。

2010年10月、豪州・カナダでも販売中止になり、アメリカでも販売中止、市場から回収されることになったようです。

リダクティルの詳細

オブリーン(一般名セチリスタット):脂肪吸収抑制剤
オブリーン

日本認可済の保険適用ダイエット薬

日本で初めて承認された脂肪吸収抑制作用がある肥満治療薬です。BMI値25以上で糖尿病および脂質異常症がある場合に限り保険適用治療となります。脂肪を多量に含む脂肪便や下痢などの副作用が報告されています。

オブリーンの詳細

オルリスタット(商品名ゼニカル):脂肪吸収抑制剤
オルリスタット

日本未認可

オーリスタットとも呼ばれます。脂肪を吸収するための酵素をブロックする事によって脂肪の吸収を30%程抑えます。低脂肪食を摂ったのと同じことになりますが、脂肪を多量に含む脂肪便や下痢などの副作用が報告されています。

ゼニカルの詳細

防風通聖散、防已黄耆湯、加味逍遥散など:漢方
防風通聖散

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。

中でも防風通聖散は体の水分循環を改善し、便通をつける作用や脂肪を分解・燃焼する働きがあり、おなか周りの脂肪、肥満症、便秘、むくみ、のぼせ、肩こりなどに効果的です。また、そのような症状をともなう高血圧症や腎臓病、糖尿病などにも使用します。

色々な防風通聖散

薬物療法の注意点

薬物療法は薬で食欲や消化吸収を抑制するのでストレスを感じることなく一見楽に思えますが、薬物療法のみに依存してしまうと服用中止と共にリバウンドで体重が戻りやすいという問題があります。かといってずっと服用し続ける事は副作用の危険性があるので危険です。

やはり薬物療法にのみに頼るのではなく、食事療法運動療法行動療法のサポートとして使うのが一番効果的です。ダイエット外来では医師が他の療法とのバランスを考えて薬物療法を取り入れてくれるので効率良くダイエットすることが出来ます。

>>薬物療法を行えるダイエット外来はこちら<<

ダイエット外来ランキング

クリニックランキング一覧

酵素ドリンクランキング

優光泉

断食道場開発酵素ドリンク

優光泉

ミネラル酵素ドリンク

飲みやすさ・味、NO.1人気

ミネラル酵素ドリンク 

グランエンザイム

サロン仕様の高濃度酵素ドリンク

グランエンザイム 

ダイエットサプリメントランキング

ウェイト・レス

肥満外来使用のサプリ

ウェイト・レス

「快朝」

お試し490円!便秘解消サプリ

「快朝」 

オーダーサプリ

医師が組み合わせたサプリ

オーダーサプリ

ダイエット外来でやせるのブログ
FOLLOW

ページの先頭へ